フォト
無料ブログはココログ

« プロ意識を肌で感じる | トップページ | 9月5日浜銀総研 『ビジネスマナー・電話応対徹底セミナー』のお知らせ »

2018年7月12日 (木)

専門用語が興味深い!

森です。

様々な業種を対象に仕事をしていると、

特有の専門用語に遭遇することがあります。

内部では当たり前のように交わされる会話について行けず、慌てて調べたり、聞いてみたり。

「え?普通は使いませんか?」と驚かれ・・・


以前担当した外資系医療企業での打ち合わせで交わされた英語と日本語の混ざった一例。
英語の苦手な私だけが知らなければ、申し訳ございません。



ゲーム形式で、皆様も考えてみてください。


FYI にて(メールの最後に)

NOTアブリラブルだ!

インサイトが見つかる

デモチベーションが懸念される

サイキックですか?

リードですよね?

テレカンでお願いします

これはよく聞きます。

Best regards(メールの最後に)

□キャッチアップ

□ショートノーティスで申し訳ございません

ちなみに

FYI は  Fof your infomation ご参考まで 


いやー面白い!

当たり前に交わされる英語交じりの言葉。勉強になります。



« プロ意識を肌で感じる | トップページ | 9月5日浜銀総研 『ビジネスマナー・電話応対徹底セミナー』のお知らせ »

研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 専門用語が興味深い!:

« プロ意識を肌で感じる | トップページ | 9月5日浜銀総研 『ビジネスマナー・電話応対徹底セミナー』のお知らせ »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック