フォト
無料ブログはココログ

« レジリエンス講演会 | トップページ | 夏休み! »

2016年7月23日 (土)

話の分かりにくい人の特徴

森です。

大変ご無沙汰しております。


皆様お元気でしたでしょうか?




タイトルの件、研修での発表、会議、打ち合わせ、勉強会・・・・

などなど、研修講師と言われている人でさえ、

まったく何を言いたいか分からないと言う場面、よく遭遇します。

研修でも講演でも、

『伝えたことが伝わらないのは常に伝えての責任』という話をしますが、

ビジネススキルの要として

まずは、「自分は今何を伝えようとしているのか」

「ここで伝えるべきことは何か」を理解したいところです。

周囲はいつまでたっても何を言いたいか理解できず困惑し、

ヒイテイル空気に、話し手だけが気づいていない・・・

延々と続く、結論も、脈絡もない話・・・・

特にビジネスにおいては、皆の時間と労力を無駄使いしていることに

気づいて欲しいなあと思います。




以下ご参考まで!

 

☆話の分かりにくい、理解されにくい人の特徴

 

①話が冗長で、何を言いたいのか分からない

 

②いつまでたっても結論がない

 

③質問と答えがかみ合わない

 

④緊張してしまいパニックになり、自分でも何を言っているか分からない

 

⑤やたらに難しい言葉や横文字を使う

 

⑥立て板に水で言葉はスラスラ出るが、中身がない

 

⑦今何を話すべきか理解しないまま、思いつきで話し始める

 

⑧基本的に話すことに苦手意識をもち、自信がない



いかがでしたか?

ただ何より、『自分の話はわかりにくいかも』と自覚することが重要ですが??






« レジリエンス講演会 | トップページ | 夏休み! »

研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 話の分かりにくい人の特徴:

« レジリエンス講演会 | トップページ | 夏休み! »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック