フォト
無料ブログはココログ

« 2014年4月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年5月

2014年5月26日 (月)

第1回アンガーマネジメント入門講座!

森です。

昨日、第1回アンガーマネジメント入門講座、五反田ゆうぽうと編、無事終了しました。

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。



日曜日にかかわらず遠方からもご参加いただき、

事前のお申込みから一人の欠席者もなく、心からお礼申し上げます。



今回は90分の入門講座ですので、

ほんのアンガーマネジメントの入り口ですが、

怒りってなんだろうという基本的な点をご理解いただきました。

そして、すぐに実践していただける3つのテクニックをご紹介しています。



まずは3週間続けてみてください。

わたくしも実際に意識することで本当に怒りへの対応が

変わりました。実践ですね。

森は講師生活20年以上になりますが、

実は主催するセミナーは開催したことがなく、

すべて企業様側、主催者様にお任せでした。

今回、主催したことにより、大変いろいろ学ぶことができ、

何より主催者の気持ちがよくわかりました。

資料の作成からプロジェクターの設定、会場レイアウトから名簿の作成・・・・

スムーズに進行させるために、事前準備から終了まで

配慮すべきことが多々あります。

当たり前のことですが、身をもって体験することはとても大切と反省しました・・。



さて、

第2回アンガーマネジメント入門講座

6月21日(土)10:30~12:00

会場が変わって東京体育館会議室 で開催いたします。

http://www.angermanagement.co.jp/seminar/introduction/seminar-1272.html

ぜひご興味のある方、ご参加ください。

お待ちしております!

2014年5月17日 (土)

香り協奏曲??

森です。

最近の研修での声に「あー」と思ったことがあります。


調剤薬局の研修で、患者様から寄せられた声に

「薬局スタッフの柔軟剤の匂いで気分が悪くなった」

というものです。


香り、匂いは個人の嗜好も強く、

サービス業、特に飲食や医療関係では、十分に指導をしています。

しかしながら、今回寄せられた患者様からの声に、

「確かに」と思いあたります。

最近、コマーシャルでも広告でも、とにかく、香りもここまでやるの

と思うことが多く、

『叩くと香りたつ』『香りが続く』『香りが変わる』、はたまた『香りをブレンド』・・・・・

柔軟剤の域を完全に超えています。

その商品名からも凄さがわかりますね。

(香りつき柔軟剤ランキング @コスメより)

1位 『香りとデオドラントのソフラン アロマソープの香り

124441_3

 

2位 『レノアハピネス アロマジュエル アメジストバニラ

157535

3位 『香りとデオドラントのソフラン フレッシュフルーツアロマの香り

1244272



研修中も、通りすがりの道行く男性からも、シャンプーなのかコロンなのか、整髪料なのか、フワーと香ること、確かに多くなりました。

ただし、これもやり過ぎると、香水、オーデコロンと同じことに!!

注意が必要ですね。

ただ、洗濯する本人であれば、自分で量や香りを調整できますが、

ご家族が洗濯する場合、かなり難しいかもしれません。


特に、ご主人は奥様にくれぐれもお願いしましょう。

「じゃあ、洗濯自分でやって」と言われかねない。

「いつも洗濯ありがとう。

僕にはバラの香りは合わないから、石鹸の香りくらいにしてくれないかな~~~~、

してくれると嬉しいんだけどなあ~~~~」




2014年5月 8日 (木)

2014年 新入社員総括

森です。

またまた、大変ご無沙汰してしまいました。

申し訳ございません。

このひと月半あまり、新入社員研修で頑張っていました。

各社合計延べ人数を数えると、ほぼ2000人!

学生からフレッシュマンへと劇的生活変化を迎える彼らに

なんとか理解して欲しいと大きなエネルギーをつぎ込みます。

その結果、終了とともに、ホウシン・・・・・・・・バッタリです。



ただ、本当に毎年新入社員研修を担当すると、講師として

教えられることも多く、やはり研修、学びの原点だとヒシヒシ思います。

2014年2000人と向き合い、今年度の傾向としては

年々、『打たれ弱い』と言われていますが、それがさらに顕著になり、

本当に失敗を怖がり冒険しない安全圏を好む、

皆と一緒がいい目立つことを嫌うといった様子が見てとれます。


やんちゃな困った新入社員、問題児は、各社激減している印象を受けます。

よい子だけに、一生懸命頑張った結果、失敗し、

人生ではじめて怒られる経験をすると立ち直れない・・・

といったことが起こります。



あるデータによると、

ゆとり世代と言われる新入社員の年齢層は

小中学校時代、一度も親に怒られたことがない人が47%いるそうです。

少子化で一人っ子も多く、6ポケット(両親、両祖父母)に大切に育てられた彼ら自身には

責任はないのかもしれません。

今後、社会人になるにあたり、受け入れ側が今までとは違った意識を持たなければ

人材育成は難しい時代となりました。


「なぜできない」「なぜわからない」は禁句と思い、上司、先輩は接してください。

半年後、フォロー研修での彼らの成長を楽しみにしています。





« 2014年4月 | トップページ | 2014年7月 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック