フォト
無料ブログはココログ

« 2014年新入社員合同研修会のお知らせ | トップページ | 涙・・筋書きのないドラマ »

2014年2月12日 (水)

ソチオリンピック、夢に感謝

森です。

ソチオリンピックで寝不足が続いています。

未明、期待の女子ジャンプ、男子ハーフパイプは、

午前2時ごろから同時刻で決勝が行われたため、

地上波NHKとBSNHKを忙しく切り替え、

応援していた方も多いのではないですか?


私もです・・・・・




ハーフパイプなど、スノボのオリンピックのイメージは

4年前の国母選手のユニフォームの着方で注目したくらいで

ルールも何も知らなかったのですが、

今回のソチは、15歳の平野歩夢選手から注目し

予選から応援していました。


2014021200000000spnannex0004view





決勝は、夜中に一人感動。

銀、銅メダルの輝き、結果を出した15歳と18歳二人のコメント。

「楽しかった!」「まったく緊張しなかった!」

との言葉に大きく納得しました。



「日本代表」「多くの応援」「メダル本命」がプレッシャーになっていないこと。

凄いです!楽しんじゃうこの落ち着き。どこからくるのか。

2014021200000007mai00015view

ただ、今回のオリンピック、なかなかメダルに手が届かない各競技に

関係者、日本国民に残念な想いはありますが、

一番“残念”で悔しい思いをしているのは、もちろん選手本人。



高梨紗羅ちゃん、まさかの4位は、原田雅之さんが解説していたように

紗羅ちゃんのときだけ2本とも不運の追い風であったとしても、

目に見えない大きなプレッシャーがあったのは否めない。

想像しただけでも胸が痛くなります。どれほどの悔しさか。

難しいこととは思いますが、十分に夢を与えてくれているだけで、

役目は果たせていることをぜひ選手一人ひとりには

わかって欲しい、胸を張って帰国して欲しいと思います。


まだまだオリンピック、続きます。

私たちができることは、十分に力が発揮できるよう

応援することですね。

« 2014年新入社員合同研修会のお知らせ | トップページ | 涙・・筋書きのないドラマ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソチオリンピック、夢に感謝:

« 2014年新入社員合同研修会のお知らせ | トップページ | 涙・・筋書きのないドラマ »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック