フォト
無料ブログはココログ

« CSは組織で徹底することが大事 | トップページ | 9月ビジネスマナー・電話応対徹底セミナーのお知らせ »

2013年7月23日 (火)

今どき、まだこんなお店

森です。

ご無沙汰してしまいました・・・

もろもろの最近でしたが、夏も本番で猛暑続き

皆様、バテテいませんか?



クレーマーではありませんが、

相変わらず仕事柄、接客レベルは気になることが多く、

「まだ、こんなお店があるんだなあ・・」と。
/

/

久しぶりに母孝行で出かけた銀座のカニクリームコロッケで有名な
老舗洋食屋さんMや。

/

客層は高齢者が多く、昔からの常連やご贔屓が多い様子でした。

内装もクラシカルで落ち着いています。従業員は全員、蝶ネクタイ。

/

こうした老舗には求めるものが違うのかもしれませんが/

こんな感じでした。

/

電話の予約は、営業時間内でも1分経っても出ない。

出ても「お待たせいたしました」も「ありがとうございます」もない。

店に行くと「いらっしゃいませ」も言わない。

高齢の男性従業員は、全員もちろん怖い顔???

化粧室の問いに「あっちです」。

帰りは、後ろを向いたまま、気持ちなく「ありがとうございました」の低い声。

その割に、レジ周辺ではいつも固まって、予約の確認や空きそうなテーブルの予測、(これ、失礼ですよね。○番がもうすぐ終わりそうだ、と。)私語雑談、笑い顔で。

///

料理はもちろん、運ぶタイミングや提供の仕方は素晴らしいかもしれないですが、

感じのよさは素晴らしいひどさです
/


老舗に感じが悪いと思ってしまう私が間違っているのでしょうか。

ただ、時代の流れについていけていない怖さを感じます。

今は、ネットであっという間に悪い評判が広がるのに。

中には、昭和一桁でも大変感じの良い、高齢の接客業の方を多く知っています。

皆様一様に、大変謙虚で、感じの良し悪しが年齢でないことがとてもよくわかります。

/

老舗として、こうした雰囲気を“売り”にするならそれはそれですが、

感じもよければさらに評価は高まるのに、とても残念です。

昔のやり方にしがみつくのではなく、

時代に適応すること、改めて大事と感じました。

ランチで5000円も出して、嫌な気持ちの体験はもったいなかったですが

母がエビフライを食べて喜んでくれて、ブログネタを提供してもらったと思うことにします・・・

暑い毎日、ご自愛くださいね

« CSは組織で徹底することが大事 | トップページ | 9月ビジネスマナー・電話応対徹底セミナーのお知らせ »

研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今どき、まだこんなお店:

« CSは組織で徹底することが大事 | トップページ | 9月ビジネスマナー・電話応対徹底セミナーのお知らせ »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック