フォト
無料ブログはココログ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

睡魔と闘う学生??

森です。

今週は大学での講義が続いています…。

研修やセミナーでは、どうしても午後は眠くなり、睡魔と戦う状態の受講生を目撃します…!

そのため午後はカリキュラムを工夫して寝かせないようにしますし、寝かせないことには自信のある私ですが、時々、講義になると立派な?大人のビジネスマンでさえ居眠り…ということもあります。

今週の学生たちは・・・・とにかく寝ます

彼らも寝てはいけないことを十分承知していて、眠くなったら自ら立つことを約束し講義をはじめました。

ところがどうにもこうにも身体が眠く、意思とは無関係にガクッと寝てしまうのです

彼らは堂々と寝ているわけではなく、「いけない!いけない!」と思いつつも身体が言うことをきかない状態なのです。

体力的に疲労が蓄積していると、理屈ではなく座っただけで眠りのスイッチがオンになってしまうのでしょうか?

危ないと事前に気づき立ち上がった学生でも、中には立ったまま寝ている輩もいますが…

凄い根性ですね

目撃すれば全体に注意しますし、同席してくださっている他の先生方もつついて起こしますが、なにせ150人いればもぐら叩き状態で、90分学生を起こしているだけで講義が終わってしまいます。

だんだん講師と目があったまま眠りに落ちる学生を見ていると、可笑しくさえなりましたが、同情はできないので、また「喝』を続けていきます。

とても優しい訳もない講師の森を前に寝るのですから、これはきっと尋常でない眠気なのですね…

通常の研修と比較して倍エネルギーが必要ですが、寝かせないよう頑張ります…

2011年5月20日 (金)

山に残る雪と新緑!

森です。

先日、新潟県の浦佐へ行ってきました。

講演テーマは“マネジメントマナー”です。

私は、組織で実践して成果を出すマナーをマネジメントマナーと言っています。

今回は経営者や管理者が100名近くお集まりでしたが、まず組織で成果を出すには、管理者の意識と行動からと、チェックリストで振り返っていただきました。

その結果、皆様、部下の話を聞くことが苦手のようで、講演会後の懇親会でも、分かってはいるけれど、と嘆いていらっしゃいました。

さて、会場へ行く途中、雪の残る山並みと新緑のコントラストが美しく感動したのですが、なんとなく遠くはぼんやり霞がかかっているようだったので、タクシーの運転手さんにお聞きすると、

「あれは黄砂ですね!」「もっとひどくて、晴れていても山が見えないこともありますよ」とのことでした。

黄砂か・・・・

凄いものですね。東京でも駐車場が黄色くなっていましたし、全国的に影響が出ているんですね。

あれだけの“霞状態”を目の当たりにすると、自然の凄さを感じます。

     Sn3n0148

     ※これは帰りの新幹線の車中から。もう夕方で曇っています

原発事故の放射能は霞のように目に見えず、知らないうちに遠くまで風で流れてきていると思うと、本当に怖いです。恐らく、この黄砂のように山や町を覆うように漂っているのでしょうか。

一刻も早く、日本の空がいつでも晴れ渡った五月の空のように戻ることを祈ります。

2011年5月18日 (水)

実践で活かす!

森です

講師として、嬉しい報告をいただきました

セミナー、研修、講演のその後、どのように実践でお役に立っているか、気にかかるところですが、数ヶ月前に公開プレゼンテーションセミナーを受講された方から、わざわざをいただきました

最近、組織内でプレゼンの機会があったそうで、

「いやー、教えていただいたことをやりましたらね、本当にうまく行きました。株が上がりましたよ」「先生の言っていた頭の3行、前の日に練習していたら丸暗記できちゃって・・・」と。

本当に嬉しく思いました

何より、本来は管理者の立場にあるYさんが、真剣にセミナーを受講してくださり、多くのことを学んで、(テキストを捨てることなく??)それを実践で活かしてくれたこと―感激です

実は長身のYさんは、セミナー中とても印象深い方で、よく覚えていました。

どちらかと言うと一生懸命聞いてくれているイメージではなかったのですが、終了時、講師席へ挨拶に来てくださり、名刺交換をしていました。

恐らく、セミナー中はご自分自身の納得感を得るために、腕を組み考え、真剣なあまり表情が怖く感じられたのかもしれません

見た目だけで判断してはいけないですねえ。(Yさん、申し訳ありません・・・)

セミナー終了後は、よく皆様にメールをいただくのですが、ぜひ今回のYさんのように、“その後”についても、お知らせいただけると、講師としても大変励みになります。

ぜひ皆様、セミナー後はテキストは捨てずに見直して、しっかり実践で活かしてくださいね。

しかも時間が経過すると忘れますから、早い機会に一つでも二つでも行動に移してみることをお勧めします

明日は、また多くの方にお目にかかるため、新潟行ってきます

2011年5月12日 (木)

秩父行きます!クレーム対応法セミナー

森です。

アッという間に連休も終わってしまいました。

5月25日(水)13:30~16:00、秩父へクレーム応対セミナーで行きます。お近くの方はぜひ!

詳細は下記ご参照ください。

http://www.chichibu-cci.or.jp/category.php?id=79

もし、いっぱいでしたら申し訳ありません・・・

2011年5月 1日 (日)

講師としての使命

森です。

しばらくブログの更新ができませんでした・・・

4月新入社員研修終了後、少し重い研修が続いていたため、すっかり余裕のない毎日になってしまいました。

今回の震災の被災者の方、福島の原発で避難を余儀なくされている方々は、今も生活の見通しが立たず、大変な思いの毎日を送っています。

その不安や怒りは、もはや限界に達していることと思います。

この状況下で、一人間としての無力さを痛感していました。

今回の仕事も、被災者の方のご苦労に比較すれば、砂粒ほどのものでもありませんが、講師としての使命と感じ、今自分ででき得ることを全力で取り組みました。

震災、原発被災者に対してコンサルタント、講師として、できることには限界はありますが、心に寄り添うこと、思いを受け止めること、間接的に少しでもお役に立つことができれば、と願っています。

一刻も早く原発が安定状態になり、福島に、日本に、平安な日々が戻ることを祈ります。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック