フォト
無料ブログはココログ

« 祈りが届きますように | トップページ | 新入社員研修始ります! »

2011年3月22日 (火)

使命感

森です。

震災から10日あまり経ちましたが、未だ福島第一原発も予断を許さない状況で、不安な日々が続いています。

そんな中、10日ぶりに救助された80歳と16歳の少年のニュースが、一筋の明るい光となりました。

原発で最前線に立ち、放水活動を行った東京消防庁ハイパーレスキュー隊の記者会見は、多くの方に感動を与えました。

想像を絶する恐怖感の中、自身の被曝も顧みず、それを支えたものが使命感と家族のエールであったこと。自分しかいないという使命感はどこから生まれてくるのでしょう。

隊長が隊員にも家族がいると涙を見せたこと、究極の判断を下さなければならなかったこと、その精神力の強さには感動という一言では言い表せない思いです。

“使命感”。

『与えられた任務を遂行しようとする強い思い』

その“強い思い”は、つね日頃から、

 人命救助の最前線にいること、、

 命を守る最後の砦であること、 

 国民の負託に応えること、

を自分の任務として誇りをもち訓練を行う中で、有事に揺るぐことなく行動できる精神力の鍛錬でしょうか・・・・

危険を伴う仕事への志望動機は、様々であると思いますが、実際その状況に遭遇した時の行動へのスイッチは、この“使命感”しかないのかもしれません。

今朝のテレビで、南三陸町職員で25歳の遠藤未希さんという女性が、防災センターで、たった一人で最後まで、懸命に「早く逃げて」と津波の防災無線放送を伝え続けていて、未だ安否不明というニュースが流れていました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110316-00000007-mailo-l04

9月に結婚式を挙げる予定で、非常に責任感の強い女性だったそうです。

“使命感”。

心から敬意を表します。

どうぞ生きていてください。助かっていてください。

« 祈りが届きますように | トップページ | 新入社員研修始ります! »

研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 使命感:

« 祈りが届きますように | トップページ | 新入社員研修始ります! »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック