フォト
無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月17日 (日)

眼帯

皆様、こんにちは、森です。

スポーツの秋!皆様運動してますか?

体育の日には、近隣の公園で幼稚園の運動会があり、朝から声援やピストルのパンパンという音でにぎやかで、私はこんな身近なところで“スポーツの秋”を感じています

そんな中、運動会のピストルで驚いたわけでもないのですが、うっかり目に鉛筆の芯が当たってしまい、かなりの痛さに眼科に行き治療してもらいました。

(今はすっかりよくなったのでご安心ください、トホ・・・)

眼帯をした途端に歩くことすら不自由になり、遠近感がつかめず怖い思いで帰宅したのですが、CS推進委員?のモリとしてはまたまた残念な状況に遭遇しました

途中立ち寄った調剤薬局で示された目薬や薬がよく見えず、何より薬剤師の早口な対応に、その場で研修をしたくなったのです

いつも病院関係、調剤薬局やドラッグストアの研修をしていますが、未だに問題の多い医療機関が多く、本当に本当に悲しくなります。

若く、健康だと人の痛みが分かりにくいことは推測できますが、少なくとも医療従事者として、さまざまな状態や年齢、立ち場の方を思いやる心配りや対応がなぜできないのでしょうか

事務的で無表情、淡々と早口で説明するその対応は全くプロ意識のかけらもありませんでした。せかされ怒られている印象を持つのは、私だけでなく、多くのお年寄りや病気で薬をとりにいらした患者さんやご家族も感じていることと思います。

研修でも高齢者の対応や障害を持った方の対応を演習しますが、そのスタートは心構えから確認していきます。

まず『相手の心に寄り添うこと』、『させていただく気持ちを持つこと』です。

今回、たまたま自分のうっかりのせいで、かなり痛い思いをしましたが、眼帯ひとつで不自由な状態を体験することになり、次回の研修でも実感をもって伝えることができそうです。

皆様もお体大切に、元気に秋を楽しみましょう

2010年10月 8日 (金)

キンモクセイ!今

皆様、こんばんは。森です。

研修でお世話になる皆様方には、いろいろ教えていただくことが多く、いつも感謝しています

研修で伺った某社での昼休み、人事ご担当者からまたまた教えていただくことがあり、反省と感動です。

「先生!うちの会社の前、気がつかれましたか?」 

私、「は

「先生・・・・・・」

「キンモクセイですよ。駅からの道にずっと咲いていい香りがしますよ。」

「いつも車で移動されていると気がつかないかもしれませんね

反省・・・・・・

季節感は大切にしようと思っていたのに、ここのところバタバタと余裕がなく、急に咲き始めたキンモクセイに全く気付かずにいました。

101006_142202_2 

午後の研修に入る前、外の道路に出てみると本当に甘いよい香りがして、ホッと幸せな気持ちになりました。

キンモクセイはあっという間に咲いて、あっという間に散ってしまうので、本当に今が見ごろ、香り頃?ですね。

皆様もぜひ周辺を見渡してキンモクセイの香りを楽しんでください  今です、今。

某社、K様ありがとうございました

2010年10月 5日 (火)

ルンバ!我が家のニューフェース!

皆様、こんにちは。森です

10月です今日はプライベートを少し・・・

ついに買ってしまいました

前から気にはなっていたのですが、これを買ったら主婦として手抜きの極みのようで、頑張って抵抗していました。ところが休みの日に何気なく回したの通販番組の

「これは便利ですね~~

「驚きの吸引力ですね~~

「大変な人気です

「残り100個を切りました

「さあ、お急ぎください」

という延々流れるプレゼンテーションと女性司会者の“あおり”に負けて注文してしまいました・・・・

「今でやってるこれ、これくくください

ジャン! ルンバ    お掃除ロボットです・・・・・・

101003_153201_2

結論は

スターウォーズの3POみたいに、ピッピピ~~~とONOFFの音もロボットらしく、ちょこちょこと家中を動き回ります

障害物にぶつかると自分で判断して向きを変え、工夫してかなり頑張ります。

ソファやベットの下をスイスイと進み、汚れがひどいとクルクル何往復もします。

台所にいると足元に現れ、「あーー来た来た!」、バーチャルフォールという入らないようにするガード機能をつけ忘れ、お風呂場まで入ろうとして慌てて「あ~そこはいいから!!」と止めに入ると、完全に擬人化しています

掃除が終わると自分でドックと言われるホームベースの充電器に勝手に戻り、大人しくちんまりとスタンバイしています。

学習能力もあるようで、その動きはとてもかわいいんです。実にけな気です。

掃除機としての性能はというと、予想以上に“隅”もきれいになります。恐らくお掃除好きの方には、じれったく無駄な動きが多くて、自分でやったほうが早いと思われると思いますのでおススメはしませんが、私のように細かいことにこだわらず、いつも時間に追われるものにとっては十分です。

とにかくルンバが来てから床に“もの”を置かなくなりました。リモコンを押せばいいので、毎日ながら掃除ができます。不思議に床がきれいさっぱりすると他も気になるようになり、あちらこちらをこまめに掃除するようになりました

新入社員フォローアップ研修の今、近年の新人は自分で考え動くこと、工夫することが苦手だと各社の人事担当の方にお聞きします。

お掃除ロボットと比較するなんて失礼とは思いますが・・・・・・・

最大限の結果を出すためにも、何より新人自身の障害にぶつかっても頑張る根性が必要です。ただ・・・

新人に十分力を発揮してもらうための、受け皿の整理も必要かもしれません。あまりにも障害がたくさんありすぎれば、乗り越える前に挫折してしまいます。障害を乗り越えることで成長しますが、はじめのうちは本人が頑張ろー、頑張れると思える環境作りが必要と思います。

新人の皆さん、お掃除ロボットに負けないよう、けな気に一生懸命、困難にぶつかっても工夫し、学習し、しっかり結果を出してくださいね

ピッピピ~~~

 

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック