フォト
無料ブログはココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

先入観

こんにちは、森です。

ここのところ、新幹線通勤状態で、遠方の研修に通っています。

帰りの新幹線の途中駅で、窓側に座っていた私の前の席に、今風の若い男性が乗って来ました。茶髪、ロン毛、耳ピアス、鼻ピアス、革ジャン、腰パン・・・・

そのお兄さんは、前の座席に座った直後、窓と背もたれのわずかな隙間から、

こちらをちらっと見ました。

『えっ?なんかした…?怖っ!!』

すると・・・・

『倒していいっす?』 『失礼しまっす!』

と言ってシートを倒しました。

一瞬唖然として、「え?あーーーど・うぞ・・・・」と答えましたが、

しばしして、「何?このお兄さん、礼儀正しいじゃないの」

「っていうか、素晴らしいじゃないの??」

あまりに見た目と行動の違いに驚いて、先入観を反省しました。

まんざら若いお兄さんの中には、捨てたものではない人も多いんだろうな・・・

自分らしさを表現し、一見突っ張っているように見えて、実はマナーやエチケットはちゃんとしている・・・かっこいいかも。

ただ、なかなか社会では、いつも新幹線の椅子を倒す場面はないので、『人の見た目が9割』『第一印象は視覚的要素が55%』など言われているだけに、見た目で印象が決まることはもったいないですね。

終点の東京に着いて、そのお兄さんは、ちゃんと倒したシートを元に戻し、

ポケットに手を入れ、猫背で新幹線を下りて行きました・・・

小さな感動体験に、ホームで後ろ姿につぶやきました。

『お兄さん!その鼻のピアス、取ろうよ・・・痛そうだし』

2010年3月25日 (木)

新入社員研修始りました!

こんにちは、森です。

東京の桜も開花し、卒業式、入学式、入社式の季節となりました。

そういえば近年、“お花見”をまったくしていません。

この桜の時期は、毎年新入社員研修で、日中は室内に缶詰、終了後は夜桜の元気もなく、直帰で爆睡。

いつの間にか桜は咲き、新入社員研修終了の頃には気づくと、すでに葉桜になっています・・・・

これも研修講師の宿命ですね。

ところで、『研修講師』と名乗る講師は星の数ほどいますが、マナー講師といわれる講師は、年間通してこの4月は最も忙しく、中にはこの時期にしか仕事がない、或いはしない人も多くいます。また、新人講師の登竜門でもあり、まず新入社員研修から講師業を始めます。

これは、カリキュラムがある程度決まっていて、内容もビジネスマナーが中心で比較的簡単であることと、何より受講生が若くて素直なため、大きな抵抗や反発がなく、やりやすいということがあります。

以前、人事の方から聞いた話で、新入社員研修の講師を選ぶ際、講師としてのスキルより若ければいい?と、無謀な選択をする担当者もいるとのことでした。

毎年、長い新入研修の時期は退屈で、疲れ、せめて講師で目の保養をするために、技量は大差もなくどうでもいいというのです。そういえば、昔はエアーライン系のマナー研修会社の講師は、現役でないのに制服で研修をしていたと聞いたことがあります??

ここまで来ると何を目的として研修をするのかまったく分かりませんね。

ただ、ひがみではなく?新入社員研修ほど、講師の技量が発揮されるものはないと思っています。

緊張し、不安もいっぱいの新入社員の心理を理解し、モチベーションを高めながら、けじめをつけ、かつ、職場で即実践できるアクションやスキルを徹底体得させるためには、通り一遍のカリキュラムではなく、進め方も工夫が必要となります。

今日、新入社員研修を実施した小売業P社は、ここ数年、研修後半40名の店長が一緒に参加し、ともに指導をするといった形式をとっています。

会場中に広がり、新入社員とマンツーマンで指導する様子は壮観で、

大きなエネルギーが沸き立っているようでした。

しみじみ、『研修は作り上げるもの』ということを実感した1日で、研修をお手伝いいただいた店長の皆さまには、あらためてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

配属後も、会社全体で育成していきましょう!!

新入社員研修、まだまだ続きます・・・・・

2010年3月15日 (月)

いよいよ新入社員研修のシーズンです

皆様、こんにちは。森です。

すっかりご無沙汰してしまいました・・・

早いもので、もう3月も中旬。

今年も3月末からスタートする新入社員研修のシーズンがいよいよ近づいてきました。

まだまだ準備に追われ、打ち合わせや作り込みの毎日です。

毎年、講師としては“今期”のスタートは4月という思いが強く、

新入社員研修を担当するたびに、初心に戻り気持が引き締まります。

そんな中、先週から今週は、長年研修を担当しているC社で先輩社員を対象に

新人を受け入れるためのOJT担当者研修を行っています。

昨年4月入社の社員も多くいましたが、皆非常にしっかりと成長し、頼もしい限りでした。

その中で入社時は正直大丈夫かと心配したK君も参加していましたが、

ロールプレイングで指導をしている様子を見ると、別人のように自分の言葉で語り頑張っていました。

時間が彼を育て、何よりK君自身が先輩として自覚し、指導する立場になることに

責任を感じている結果と非常に嬉しく思いました。

人の成長を見ることは本当に感動的です。

新入社員研修は他の研修以上にエネルギーを使いますが、

毎年担当させていただき、フォロー研修やミドルマネージャー研修と、長く継続して成長を見ることができ、

講師としての大きなモチベーションになっていることを実感します。

今年もまた多くのフレッシュマンに出会えることを楽しみに、エネルギーを蓄えます!!

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック