フォト
無料ブログはココログ

2020年6月 2日 (火)

WebEx、Teams、Google Meetなどオンラインツール勉強会

森です。


東京は今日再び新型コロナウイルス感染者数が34名…
まだまだ気が抜けない毎日です。

研修がオンラインで実施される中、
Zoom以外のオンラインツール勉強会に参加しました。


ようやくZoomの研修にも慣れてきたところですが、
クライアントによっては使用ツールが異なります。
Zoomもセキュリティ強化をしているのですが、
安全性への懸念から他のツールでというケースも多々あります。
Picture_pc_802fc4b5b399518e2a3700cb1c9ff

担当講師としては様々なツールを使いこなすことが求められるわけですが
大きくはCisco WebEx、Microsoft Teams、Google Meet、といったツールです。

 
WebExは大企業、行政、大学などのユーザが多く、ユーザの9割が企業。

4月には世界で2500万のWebExによる会議が開催され、
会議参加者数は5億人を超えたそうです。
Zoomも昨年12月で1000万人だった参加者が
今年4月には3億人に激増しています。

 

ちなみに日本ではテレワークで使っているWeb会議サービスの順位は
1位はTeams、2位がZoom、3位がSkypeとのことです。
※LINEリサーチ調べ 2020年4月


勉強会では研修や大学の授業ツールとしてのシェアでしたが、

使用者の声をざっくりとまとめると以下のような印象でした。


  Yjimage2o5cqjj1 202019051420161944

WebExはWeb会議業界12年連続1位の評価で、強固なセキュリティがアピールポイント。
ただ、Zoomより重いのか、ビデオがオンだとシステムが落ちる、
ブレイクアウトのないzoomで、反応ボタンもなく、遊び心がない。
もともとWebExにいた人が独立してZoomをつくっているので
非常にZoomに似ていて、なじみやすい。


Msteams

Microsoft TeamsはOutlookが入っていれば使えるが、
やはり総じて重く、カメラオフにして実施することが多い、
ブレイクアウト機能なし。

参加者表示1画面9名まで。
当たり前だが、マイクロソフトのアプリなのでMacと相性が悪い。

Mig

Google Meetはプラウザ上ですべてが完結、専用のアプリは不要で
操作はシンプルで簡単。
パスワードなし、待機室のロックなし、
ブレイクアウト機能なしだが小部屋を作って対応可能。

Zoomより映りが悪い、参加者一覧が見にくい、コントロールバーがすぐに出ない・・・
ハングアウトとミートっていう人が混在。
Google Meetは、もともとGoogle ハングアウトの進化版として登場したサービス。
今後、Meetに完全移行予定。


本当にざっくりとしたまとめでしたが、 
オンラインツール自体が日々進化しているため、
講師もアップデートが必要ということですね。
少々ため息ですが・・・・

このあとも油断せず、安全にお過ごしください。











 

2020年5月26日 (火)

PC漬けでドライアイに

森です。


ようやく全国的に緊急事態宣言が解除となりましたが、

またまだ日常の生活に戻るのは難しい状況ですね。


そんな中、毎日PCに向き合い、

研修・打ち合わせ・勉強会はオンラインのため、

ドライアイで目がシバシバになってしまいました👀

10分も目を開けていられないほど、かなり辛い状態で
眼科に駆け込み、
さらに友人に教えてもらった眼科医推奨ルチンを購入。


Img_4690-2

目薬とともに服用し楽になりました。凄い!

Img_4719_li-2

外出自粛ですっかり筋力は衰え、
運動は毎晩のヨガのみで、日常生活に戻るためには
まずは体力の回復からですね。

目の衰えもPCだけのせいではないかもしれませんが、
皆様もご自愛くださいね。



 

2020年5月10日 (日)

WITH コロナ、AFTER コロナでの研修

森です。

皆様、健康に安全にお過ごしでしょうか。

今、新型コロナウイルスの影響で研修ご担当の皆様は
今後どうしたらよいか、自宅待機のままの新入社員をどうするのか、
悩まれていることと思います。

現状、研修がどうなっているかというと、
中止、延期、オンライン化、e-Learningの大きく4択になっているようです。
 

今回は多くがシフトしているオンライン研修についてまとめてみました。

 

Zoomhelp840x5401

オンライン研修を実施した感想としては

講師も、人事も、受講者も概ね、「いいかも」と好感触です。

もちろん、リアル研修でしかできない体験型のワークやロールプレイ等もありますが、
決して、オンライン研修はリアル研修の劣化版ではないことを痛感します。

改めて整理すると

【オンライン研修の難しい点】
1. 受講者のWi-Fi環境やリテラシーにばらつきがあり、接続、音声のトラブルもある

2. やる気のない受講者は内職をしたり、傍観者になることもある

3. 体感型のワークやロールプレイに限界がある

【オンライン研修でのメリット】
1. 受講生の表情が正面でわかり、メッセージを伝えやすく、反応が分かる
  スピーカービューで講師の顔が全画面になり、個々の受講生に話しかける状態となる
  講師から見ると講演会で全員が最前列に並んでいる印象

2.消極的な挙手、発言しない人もホーム(自宅など日常の環境)での参加により
  一歩踏み出すハードルが下がる。チャットや『手挙げ』で質問しやすい。

3.チャット機能でのフィードバックはむしろリアルより有効
  全員からのフィードバックがもらえる

4.グループ替えが簡単で、多くのメンバ―とディスカッションできる

5.若い方は圧倒的にオンラインに慣れていてそもそも抵抗がない

オンライン研修では、難点を克服するために
進行の工夫、綿密な事前準備やルール決め、
研修ご担当の方々やテクニカルサポートとの詳細な打ち合わせも必要になります。

20200510-200452

 

何よりも『オンライン研修でどこまで受講生への気づきを促すことができるか』
要は研修効果があるかどうかですが、
実施後のアンケートを見ると、満足度、気づきも大きく、
終了後のアクションプランシートでは、リアルと相違ないほど
多くの課題と今後の行動を記入しています。

また、「楽しく学べた」といった声が多かったことは非常に印象的でした。
もちろん、研修の目的は“楽しい”ことではないですが、
「緊張感を保つ」ことはプレッシャーを与えることではなく
「集中力を保つ」ことに置き換えるのであれば
“楽しく”前向きに学ぶことは有益だと思います。

今後、オンライン研修での成果には、進行やカリキュラムにさらなる創意工夫が必要ですし、

研修後のフォローも非常に重要です。


アフターコロナでは、リアル研修だけでなく、

オンライン研修とのハイブリット型(リアル、e-Learningとの融合)も
有効となると思いますし、
単にスキルや知識の習得であれば
いくらでもYouTubeなどの動画からも可能です。

研修の選択肢が確実に増える中で
どう目的や環境に合わせて実施するか
ますます主催者の皆様とのコミュニケーションが重要になります。


組織において重要な、ストップすることができない教育、

ぜひ一緒に考え、作り上げていきましょう。

お悩みの研修ご担当の皆様、ご相談ください。


一日も早くコロナウイルスが終息しますように。



 

2020年4月27日 (月)

指導者研修、動画配信始まりました。

森です。

 

皆様、安全にお過ごしですか?

外出自粛していますか?

その中にあって、今のこの時間も

医療現場で懸命に治療にあたってくださっている医療従事者の皆様、

終日、殺到し混乱するドラッグストア、混雑する薬局で働く皆様、

お身体、大丈夫でしょうか。

本当にありがとうございます。

 



長年、研修を担当させていただいている医療関連の会社で

中止になった指導者研修の内容を動画コンテンツとして

今日から配信していただいています。

 

Photo_20200427185701

 

皆様、各職場で無事に視聴できているでしょうか。

仕事の合間をぬって見ていただくので、各10分×6回にしています。


なかなか動画ではお伝えしきれない内容もあると思いますが

ぜひ指導の基本を確認してください。


 

これからいよいよ、双方向のオンライン研修がスタートします。
講演もスカイプです。


対面でのリアル研修、講演以上に自己表現を明確にしていかなければと

気持ちが引き締まります。

オンラインを通してでも、お目にかかれることを楽しみにしています。



どうぞ引き続き、安全にお過ごしください。

医療現場をこれ以上、疲弊させないように、医療崩壊させないように

私たちができることを、“今”、しましょう。


Yjimage_20200427191701

 

2020年4月22日 (水)

オンライン研修へ。Zoomに向かい合う日々

森です。

 

皆様、安全にお過ごしでしょうか。

3月からオンラインツール、Zoomによるミーティングやオンライン研修に移行し、

ほとんど毎日Zoomと向き合う日々となりました。

 

 

Photo_20200422233301

 

明日、4月23日に予定されていました研修会も

オンライン研修に切り替えて実施されます。


Zoomによる動画コンテンツを収録し、

明日から申し込みいただいた受講者の方に

期間限定で配信されます。

 

 

リモートワークといい、

働き方が急激に変わっていく中で

柔軟な対応力が本当に問われますね。



今後、恐らく多くの講演、セミナー、研修もオンラインに

シフトしていくと思われますが、

開催する側として、グループワークやアイスブレイク、様々な機能など

スムーズに進行するために、目下特訓の日々です。

 

Img_4232-2_li  

 

そして今、毎晩、友人がヨガのレッスンをZoomで開催してくれています。

国内はもちろん、ベルギー、オーストリア、シンガポール、ノルウェーからも参加され、

心が一つにつながっている感動があります。

Img_4207

 

ありがとう。彼女のボランティア精神に感謝です。

皆様もどうぞ安全にお過ごしください。

そしてみんなで乗り切りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年4月 4日 (土)

新入社員の皆様、新社会人への第一歩、おめでとうございます!

森です。


新入社員の皆様、おめでとうございます。

Cherryblossoms_eye


コロナウイルスの収束の見えない昨今、

卒業式もなかったり、入社式も中止になり、すぐに自宅待機になった会社もあるようで、

まったく社会人になったという自覚も感じられない状況かもしれませんね。

 


一部実施された新入社員研修でも

「学生と社会人との違い」もピンとこないといった声も聞かれました。

本当に「なぜ今なんだ」という思いもおありかと思います。

 

私も多くの新入社員の皆様にお目に掛かれず

とても残念です。

Yjimage

 

中には就活セミナーでお会いし、めでたく内定を勝ち取り

新入社員研修で再会することを楽しみにしてくれていた方もいらっしゃいました。

 

新社会人への大切な一歩は一生の思い出ですし、

まだ悶々とした気持ちかもしれません。

 

ただ、考え方によってはこんな経験は二度とない(と思いたい)ので

記念すべき2020年入社新入社員と、胸を張ってください。

入社式はなくても、早く配属されたことで、

実践に即した仕事を覚えられているかもしれません。


自宅待機の方も、自己研鑽の日々と思い、

いつでも新入社員として会社へ行っても恥ずかしくないよう

基本的なビジネスマナーを勉強し、備えてください。

 

本来はリアル研修で学ぶことが“体得”に直結しますが、

今の時代、いくらでもネットから無料動画や情報も探すことができます。

何もしないのではなく、この学んだか否かが先々大きな差にもなります。

 

96612f24cf024c318cc3a070e274b0aa

無事にコロナウイルスが収束し、秋にフォロー研修として

お目にかかれることを楽しみにしています。

 

みんな、頑張って!!












 

 

 

2020年3月 4日 (水)

新型コロナウイルスの影響

森です。

 

新型コロナウイルスの影響が甚大になってきています。

皆様はいかがでしょうか。

 

私も3月前半の研修、講演はすべて延期になりました。

この状況下では当然のことで致し方ありませんね。

各社『延期』として6月~7月以降でスケジュール調整を

していただいていることを大変ありがたく思います。


長い講師生活の中でも、年間でもっとも忙しい新入社員研修の

3月4月のこの時期に、こうした事態になることは

もちろん初めてのことです。

 

新入社員を受け入れるために、

長い期間準備をしてきた皆様にとっても

急な変更や中止は断腸の思いだったこととお察しします。

何より一生に一度の入社式が取りやめになってしまった

新入社員の皆様にとっては大きな落胆や不安があるかもしれません。

 

 

社会的な不安も広がり、お子さんを預ける場所がなかったり、

自宅待機で仕事がなくなったり、飲食店など顧客の激減により

収入に直結し死活問題となっているところもあります。

 

こんな2020年を誰が予想したでしょう?

本来はオリンピックイヤーで日本中が

ワクワクと沸き立っているはずだったのに…

 

 

こんなときに少しでもお役に立てそうな考え方があります。

研修でもお伝えしているアンガーマネジメントの

4つのボックスで考える『行動のコントロール』です。



この状況は極めて『重要』だけれども

自分では『コントロールできない』

ことなので、

『現実を受け入れ、できることをやる』。

 

自分ではどうすることもできないこと…

やれることをやるしかないんですね。

 

私の場合も本来は出向いて打ち合わせをしていたクライアントも

ネット会議に挑戦したり、

新入社員研修のカリキュラムはそのままにオンラインに切り替えたり…

今はチャット機能もあるため、双方向でのやり取りも可能です。

そうしたことが、意識や思考の転換、仕事の進め方を変えるきっかけになるかもしれません。

 

 

一日も早くこの新型コロナウイルスが収束することを

願っています。

どうか皆様、ご自愛ください。

 

Img_3860_li-3

講師もマスク着用で実施した研修。これも人生初でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年1月21日 (火)

第2回北海道北見市での研修会

森です。


昨年に引き続き、北海道北見市の不動産会社様での第2回研修。

 

本社へ行く途中、立ち寄ってくださった屈斜路湖。

出張では観光0がほとんどなので、本当にありがたく、感動ものでした。

Img_3658

ありがとうございます。



本社の皆様は、吸収力が高く、見違えるほど印象が向上しています。
Img_3671

 

社員研修で確認した『おもてなし表現』は社員が必ず通る掲示板に!

Img_3672

 

幹部研修ではグループワークで理念について確認しています。

企業理念は会社方針の根幹。

すべての社員の行動は理念につながっています。
 Img_3662

『伝えることと、伝わることは違う』とつねに確認していますが、

相手が理解できてはじめて“伝わった”ことになるために

何より自分自身の深い理解が重要です。

Img_3667

 

 

帰りには大雪になり、フライトが心配されましたが、無事に飛べました。

Img_3674

東京に近づくと夕焼けの中に富士山。

Img_3680



賃貸管理会社にとってこれからが繁忙時だと思いますが、頑張ってください!

次回はまた春に。

暖かくなった北海道と、さらにモチベーションの高まった皆様に

お目に掛かれることを楽しみにしています。



2020年1月17日 (金)

消防局119番司令課でのアンガーマネジメント研修会

森です。

 


某市消防局司令課で3班に分けたアンガーマネジメント研修の最終回でした。

班によってカラーがあり、その違いは大変興味深いものがありました。

 

Img_3705_li

119番通報を受信する消防司令は非常に優秀な方々ですが、

緊張感の伴う業務は感情コントロールそのもの。

ストレスの大きさは計り知れないものがあります。

 


 

Img_3706_li-2  


事前に「どういったことに怒りを感じるか」などアンケートを取りましたが、

業務上のイライラだけでなく、プライベートでの怒りも多く出されていました。

怒りはポータブルで、矛先を固定できず、

また感情を公私で切り分けることもできないため、

プライベートでのイライラが仕事に影響してしまうこともあります。

 

 

アンガーマネジメント研修会は、怒りがテーマでも笑顔が見られています。


Img_3708_li-2

ネガティブにならず、前向きに受け止めていただけることを

大変ありがたく思います。

 

  

ぜひできることから、119番通報の対応に

アンガーマネジメントを活かしていただけることを願っています。

まずは“6秒ルール”から。


私たちの暮らしがこうした職員の皆様の

24時間対応によって守られていること、本当に感謝です。

あらためて、ありがとうございます。


 

 

2019年12月21日 (土)

2019年研修会登壇、仕事納め

森です。

 

2019年最後の登壇は経営者勉強会での

アンガーマネジメントでした。

 

43257b05518b4e2e8174c423c54f2bea

 

F24c75c70f0e4e6f9a2ae92ef48cf9ce

経営者の皆様は個性的で魅力のある方が多いです。

だからこそ、企業トップたる立場にいらっしゃることを痛感する研修会でした。

 

メモ量が多く、反応も非常によく、空気感をつくるのが実にお上手。

勉強になります。

 

会場を出ると素晴らしい東京タワー!

3a3608e1d810402182402c1eaa49fc33

 

今年一年、講演、研修でお目にかかった多くの皆様、ありがとうございました。

『人も組織も元気にする』ために

今年も走り抜けました。

また来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

少し早いですが、良いお年をお迎えください。

 

 

 

 

«北海道北見市での研修会

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック